7月2日ご登壇!!吉永彩子先生「少フォロワーでも月10.30.100万円超を叶える サービス構築とファン化する発信のコツ講座開催」 申し込む

溜めるのがいちばんしんどい

こんばんは!!
お久しぶりとなってしまいました。

今日もお片づけのまつわるお話をしていきたいと思います♪

本日のテーマ:溜めるのが一番しんどい

はい、テーマ通りのお話となります。
ご存じの方は多いと思いますが、私は子どもが4人います。
そして上は高校生から幼稚園まで実は4才ずつぐらいあいているので
時間もバラバラ、上の子に合わせる場面もあれば下の子に合わせる場面もアリと

なかなかな幅広い子育てに毎日勤しんでおります。

そんななかでも、大変なのはやはり家事。
下の子がやっと5歳にまで成長したので
今はしんどい内容と言えば、育児より家事であります。

量がね、半端ないです。
特に洗濯ものと、食器洗いや炊事ですね。

家族の人数も多い分、汚れもたまりやすかったりするので
お掃除もこまめにしております。

ここでもうお気づきかと思いますが
とにかく人数が多いからこそ

溜めると大変なんです。

ゴミですら多いですから。

だから、優先順位をつけても
日々溜まらないような工夫や習慣が
とっても大事になってきます。

そんな我が家を例にして、片付けのことやそれ以外も
少し気を付けている部分をシェアしてみようと思います。

目次

1ゴミ・書類を溜めない

まずはこれかなって思います。
なんせ生活している人数が多いので、出るゴミも多いです。

週に2回や月人何回か収集カレンダーのスケジュール通りに回収に来るわけですが
書類や不要なものに関して、日々即決で判断して家から出すようにしています。

これ、いったん置いておいて、考えようってしちゃうと、すぐに溜まっていきます。

その書類の山や何となく置いてあるものをあとから選別したりする方がもっと大変。

だから、即決です即決。

溜めない工夫がここにあります。

2.食器・洗濯物を溜めない

はい。こちらも想像つくかと思いますが
洗濯ものや食器洗い。しんどい時はさぼっちゃえって思いがちなんですけど
さぼっちゃうとね、これもまた後が大変なんです。

量が多いので、いつもだったら15分で済んでいるモノが
1回休むと30分かかる。そして、その量が多いので気分も沈む。

だからこそ溜めない様に日々淡々とこなしております。

そして、その日々のこなす作業も無駄がないように
不要な服は収納からなくす、とか食器の定位置を決めて秒で戻すなど
仕組みづくりを工夫しています。

3.汚れを溜めない

最後にこちら。本当に汚れってね溜めると後のが、大変なんです。
取るのに、余計に時間がかかります。

だからこまめに大掃除をやるよりも、細分化して日々のタスクをかるくして
少しずつ取り掛かる方が楽なんです。

そして、普段から決まった場所をササっと掃除するだけで
自分も家族も気持ちよく使えますし、そこまでひどく汚れない。

いい循環が生まれています。

どうしても手が回らない部分は、掃除する間隔も空いてしまうかと思いますが
計画しながら、行っていけばこなせないことはないと思います。

どの項目も、自分一人だけでこなさなくてもいいし、家族に頼ってっていいんです。
家族を巻き込む仕組みづくりにしてもOK。
旦那さんや子供たちも自分でやるようになれば、自立にもつながり平和でいれます。

というような工夫を施しながら
毎日バタバタと回しております。

何か参考になればうれしいです。

まずは片付けを通して仕組みづくりを

そして、その前提には、整理収納のチカラが大きく影響しています。

まずは、モノが多すぎると、効率よく回らないこともあります。
引っ越ししたまま手つかずの押入れや、枕棚ありませんか?

そういう過去から全然手をつけていない部分に目を向けて
片づけを進めていくと
自分自身も、澱んだ空気や気持ちがすっきりと解消されていきます。

これは本当に、やってみて実感してほしいです。

やりかたがわからない。一人じゃヤル気が出ない。
一緒に相談しながら進めていきたい

そんな方はぜひ、プロの整理収納アドバイザーを頼ってほしいと思います。

長年の悩みやモヤモヤが解消されたら、きっと暮らしや毎日はうきうき心躍るはずです♪

私もご相談とかいつでも受け付けておりますので、いつでもお話しに来てください♪
お片づけのプロの方、大歓迎ですよ。

今日はこの辺で♪ではまた~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次