【26日募集開始】まやこやぷらす3月登壇☆かおり先生「もうお客様を迷わせない!リットリンク作成会」 2/26募集開始

来年お片付けの目標を立てるなら○○○してみよう♪

こんばんは!
今日もブログをご覧くださりありがとうございます♪

今日のテーマはコチラ♪

来年お片付けの目標を立てるなら○○してみよう♪

ということで、〇○〇に入る文字はなんでしょうか?

答えは 細 分 化 です!!

そう細かく分けてみてほしいなと思います!
ちょっと、いいこと思いついちゃったのでまた形にしたら
お伝えしますね♪

と、話は戻しまして…

そう、お片付けの目標をできたら12個立てて
それを毎月1つこなしていくんでいくんです♪

時間がなくて、片付ける暇がない!!

っていう方でも1か月に1つならできそうじゃないですか?

その目標の立て方は人それぞれで違ってOK!
なぜならライフスタイルが皆さん違うから。

そして、片付けへの優先順位も違うからです。

だから、

だから「2024年こそはおうちをスッキリしたい!」と思っているのなら

その目標は、年の初めに立てただけじゃ絶対忘れてしまうんです。
あなたは2023年初めに立てた目標、今でもきちんと何も見なくて言えますか?

そんなの私も無理です(笑)

なので、書いて忘れないようにする必要があるのです。

そしてさらに、目標は掲げるだけでは叶いません。

そのために行動する必要がでてきます。

とそこで、12個に細分化した目標が有効的なのです♪

それはどういうことかというと、

2024年の手帳でも、カレンダーでも、アプリでもなんでもOKです。

毎月見えるところにその12個に細分化した目標を1つずつ書いていってください。

そしたら、毎月、手帳やカレンダーをめくるたびに、その目標が目に入ります。
だから、今月はそれを意識して過ごすだけ。

行動力のある人なら、1日にそれをするって決めて、さっさと終わらせようとするかもしれません。

月替わりの最初に取り組めば、例えば時間がかかりそうな場合でも
さすがに1か月の猶予があれば、できる確率が上がるのではないでしょうか?


それでも、忘れちゃった、できなかった、またさぼっちゃった

という方は

きっと立てた目標がまだ大きすぎるのかもしません。

例えば、

キッチンのカトラリーの整理をする
洗面所の引き出し収納を整理する
トイレの収納スペースの見直しをする
PCのデータやメールを整理する

とか、きっと数えきれないほどあると思いますが
例えばこの12個!というのを決めてやってみてください。

これならどれだけ忙しい方でも
意識一つで変わっていくんではないでしょうか?

これって起業にも言えることですね。

ぜひぜひ12個に細分化したお片付け目標を手帳やカレンダーに書いて
確実に達成していきましょう!!

きっと、やった♪という自己肯定感にもつながりますし
お部屋もスッキリしてきっとルンルン間違いありません♪

ちなみにもっと高度な達成の仕方をしていくなら
立てた目標を追加していくんです。

1月:下駄箱の靴のサイズアウトの靴を整理した
2月:廊下収納のストックの数を見直した+1月の目標(メンテ)
3月:キッチンのパントリーの下から2段の部分を整理した+1月、2月(メンテ)
4月:キッチンツールを整理する+1月~3月は注力する

と、こんな感じでいかがでしょうか?

これ全部やり遂げたら絶対1年後はマインドが変わっていますよ。
お片付けに対する意識のコンフォートゾーンは抜けています♪
新しい自分楽しみですね。

今日はこの辺で
ではまた~

近日解禁♪
2024年アドバイザーの駆け込み寺「まやこや」が進化します!!


11月に1周年を迎え、開催したまやこや祭り。
特別ゲストを講師にお招きして、2大講座を行いました。
そして、そこで感じた講座サポートの経験を通して私ができること。

これは講座をやってみたいけれど自信がないというアドバイザーさんや
その他の業種の方々にもお役立ちいただけると思い
今年2024年は特別ゲストをお招きして講座をお届けするという

スタイルでお届けして行きます。
もちろん、普通に講座が受けたい方はどんどん受けていただけます♪

すでに1月から6月まで登壇者ご予約済み
(4月、8月、12月はお休みまたはmaya講師で開催します)

どんな講座かまた順に発表していきます♪

そして、「私も講座をやってみたい!mayaさんにサポートしてほしい♪」と
いう方はぜひ、”まやこや登壇希望”としてお問い合わせくださいね♪

7月、9月、10月、11月登壇ご希望の方、お待ちしております♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次