6月7日ご登壇!!佐野ゆかこ先生「ワクワクが止まらない!叶えたいを叶えるリスト作成会ワークショップ開催」 申し込む

【ご相談】mayaのめいそう

こんばんは!
今日もブログをお読みくださりありがとうございます♪

ちょっと、ご相談。
いろんな新しい価値観の書き換えが最近著しく

だんだん迷走してきてしまいました。
今日はmayaの頭の整理お付き合いください♪


私は、お片づけを世に広めたい。

でも、自分の仕事スタイル(オンライン)の関係から

その対象をお片付けのプロを目指す方に決めました。

なぜならば

自分がサポートできる範囲はとても狭い
それならば、お片付けのプロを目指す方の自信を付ける方向にもっていけば
その方活動できる

その方の周りのお片づけに悩む方も救われる。

Win-Win-Winじゃね?

と思ったからです。

だからペルソナ(ターゲット)は決まっている。

でも、それを伝えたいのに
片付けの重要性もあり、起業のお悩みもあり

で、どちらを軸足に伝えていけばいいのか

そこの部分でめいそうしております。

でも、結局その方のお悩みはその方にでしかなく
それって、こちらからどうのこうのいう話ではない
と気づきましたので

それなら直接聞いて、それを解決するお手伝いスタイルが一番なんじゃないかなと思いました。

だから、私のサービスは、いうたら「なんでも屋さん」でもあるのです。

でも、発信者としてそれでは、全然伝えられない。伝わらない。
だから今その部分をめいそう(迷走)しております。

そしたら、このブログだって特科ブログにした方がいいのかなとも一瞬思った。
で、媒体を分けてコンセプトを決めて発信したらもっとエンゲージメントも上がるし
SEOにだって強いサイトになる。

それで、フォロワーや見てくれる人も増えるだろうと一瞬よぎった。

でも、ちゃんと考えてみれば、認知は確かに大事だけど
私はそもそもたくさんの人に伝えるには一人じゃ無理だから

アドバイザーさんに向けての
ご自身の家の片づけや時間管理、
起業のお悩みなどを解決するサービスを
しようと決めたんだと気づけた。

だから、このブログも言えば雑記ブログでいいのかとおもう。
mayaの活動を記したり、思いを伝える場所なので。

特化するならばコンテンツはmayaということにしておこうかな今は。
という答えにしてみました。
へんかな?

でも、Instagramでこんな事つらつら書けないし
ブログだからいろんなカテゴリに分けて
書けばいいんだよね。

ちなみに、最近講座をしている「思考整理ノート講座」も
活動しているママさんの気持ちの切り替え方をサクっとできたら
もっと活動にも積極的になれるだとう

と思いましたし

時間講座、思考整理ノート講座に関しては
私は養成することもできるので

差別化を狙ったり、自分がもう一スキルを手に入れることで
さらに自信が持てるなら
養成講座を受けて、片付けだけでなく、その他アドバイザーやコーチ
と掛け合わせることもできるかと思った。

すべては、ペルソナである
「お片付けのプロを目指す方」のために…

そんな想いは常に根底にあります。

毎月、特別講師をお招きして開催している
「まやこやぷらす」でも

講座を開いてみたい先生×知りたいスキルを手に入れたい受講生様

とのお互いのWinがまた生まれる瞬間。

その一つ一つの経験の積み重ねが、自信へとつながると信じているから

自信なんて本当はなくたっていい。
まずは行動してみることが大切

でも不安や怖さもある。

だから一緒に伴走して。
「大丈夫だよ」
と言ってあげられるサポートをしたいと
いう想いで活動しています。

もちろんそのためには自分自身こそが整っていないといけない。

だからめいそう(瞑想)してみたり、ノートを使って気持ちを書き出して言語化
してみたりと今、自分と向き合っておる最中です。

\ すべては整理収納で世の中のママを明るくするために /

直接、多くのいろんな人を救うことは無理かもしれないけど
目の前にいる自信がないお片付けのプロを目指す方のお手伝いをすることなら
私にもできる。そう信じて今の活動を行っています。

そんなmayaと一緒に頑張ってみたい方
ぜひよろしくお願いします♪

いろいろな思いとスキル詰まったサービスが5月から受付できるようになりました。
(実はいろいろ修正中でした)

お片づけのプロを目指している人
まだご自身が片付けきれていない

そんなお悩みで、立ち止まっている人は
サクっと解消し手先に進みましょう!

応援しています!!

無料相談只今絶賛受付中です♪
mayaとお話してみたい方でも大歓迎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次