12/9 まやこや Vol.1いよいよ開催です♪ 詳細をみる

もったいないの見方を変える

こんばんは。
いつもお読みくださりありがとうございます。

またまた末っ子が風邪気味で…
最近よくお熱出します。

そんな中、今日もZoomで学びの機会がありました。

本当にオンラインで繋がる時代になって、
本来リアルでは 会うことなかった方々とお知り合いになり
繋がれることはうれしいです。

そして、いつかリアルでお会いしたいという
夢もできました!!
言えばいつか叶う! 言わなきゃ叶わない。

これからこんなことも恥ずかしがらずに
発言していきたいなと思っています♩

そしてインプット過多になりすぎないよう
しっかりお伝えもしていきたいと思っています。

さて今日のテーマはこちら。

《本日のテーマ》もったいないの見方を変える

水出しっぱなして、もったいない
電気つけっぱなして、もったいない
あれ食べ残したらもったいない

日頃からもったいないって言ってます?

たしかに 我々アラフォー世代は、 いろいろんなことを
「もったいない」と言われ続け、
「粗末にしたらもったいない」
「大事にしないともったいない」

とおまじないの呪文のように聞かされて、育ってきました。

だけど、昔と今では時代が違います

昔は、戦争を経て、戦後も食べ物を始め
モノが少ない時代でした。

ひいじいちゃん、ひいばあちゃんからの教えで
「食べ物を粗末にしたらもったいないんやで」
「モノは大事に使わないともったいないんやで」
って言われながら育った大人がたくさん。

では今はどうでしょうか?

モノは少ない時代ですか?

将来、食糧難の危機になるかもしれない。
昆虫を食べる時代がやってくるかもしれない…

とよくネットやニュースで心配な話題も目にしますが
いまは、そんなことを感じさせないくらい、
モノは逆に溢れていると感じます

化粧水を頼めばサンプルがついてきたり
コンビニやスーパーにいけば、割り箸や
スプーンなんかも無料でもらえる。

100均ショップの普及、品揃えの充実さにより
身の回りのものならなんでもお得に手に入るように
なりました。

ハロウィンやクリスマスなどのイベントの時には
100均へ行けば、コスプレ用の雑貨やインテリア
パーティー用のテーブルウェアなどもたくさん。

モノがいつでも買える状態となっています

では、あなたのおウチはどうですか?

もったいないから捨てられないもの
ないと不安だから、とりあえず置いておくモノ
今は使っていないけれど、キレイでまだ使えるモノ
安かったから買い込んできたストック品
たくさんもらってきた無料サンプル

など、たくさんモノを溜め込んではいませんか

モノが少なかった時代から、モノがあふれる時代…
時代は変わったのに モノの持ち方への考え方は変わらないから
モノを手放す概念がなく 溜め込むばかりで、モノが出ていかず

気が付けば、家中がモノだらけになってしまう… と
いう悪循環に陥るんですよね。

実家の片付けがうまくいかないのはこういうところに
原因があることも多いです。

モノ軸に囚われすぎると、そのモノ自体は使っていない
つまりすでに価値がなくなっているということに
気づけず もったいない。捨てられない。 となるのです。

「え?こんなにあるのに。入り切らないのに」
「使ってないのに」
粗末にしたらもったいない、という考え方だけが 固執したまま。

そこから変わることができません。
それこそ、使ってないのに、ただ置いてあるだけなら
もったいないと思いませんか?
使う時がきたよ! って時には、カビだらけかもしれません。
使う時すら、こないかもしれません。

そういうモノたちが占領し、敷き詰められた空間こそが
もったいない ということに気づいてください。

モノを中心に考えるモノ軸にとらわれたもったいないを
今の自分軸を中心に考える

家は荷物を入れるためのものではなく
人が暮らすためのものだと
考え方もアップデートしていってくださいね。

キャンプの時、テントに使っていないけど
捨てられないモノ 持っていきますか?ありますか?

行動は、気持ちの持ち方ひとつで変えることができます。

お部屋のモノが散らかって片付かない…とお悩みの方。
もったいないの概念をモノから空間に変えてみてください。

使わないモノでいっぱいになり
開け閉めしづらい引き出しはありませんか?
その空間、もったいないと思いませんか?

使っていないけど、もったいなからと捨てられないモノで
埋め尽くされた引き出しは機能していません。
ここの引き出しによく使う爪切りや文房具を収納できたら
使いやすい収納に生まれ変わるのに。

この空間もったいないな… そう気づくことができれば
あとは行動するだけです。

最後までお読みくださりありがとうございました。
ではまた~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次